しゃかいじん3ねんせい

31歳、職歴通算2年の女が、就活がんばったり、くだまいたりするブログ

腸のはなし うんこのはなし お食事中の方はゲラウェイ

腸のお医者さんにいきたい。

私のストレスのサンドバック状態になってた甲状腺を取ってから、行き場のなくなったストレスさんは腸の方へ行くようになったっぽい。術前からヨウ化カリウムのせいで腸が超過敏になっていて、術後そのヨウ化カリウムちゃんとおさらばしても私の腸は超敏感なままでそのまま慢性的な下痢人間に。

下痢には1年ほど悩まされ、強力ワカモトという頼もしい存在の出現により回復しつつあったが、被災とかしてないのに東日本大震災のストレスにより再発。強力ワカモトもきかないレベルだったけど時が解決してくれて復活。しかし社会復帰の第一歩としての自動車学校に通い始めてから人を殺すかもしれないというストレスで毎日下痢のオンパレード。しかし免許取得と同時にすぱっと治る。恐ろしい。ストレスってのは本当に恐ろしい。

バセドウ病だった頃は代謝がよくなってたせいかめっちゃ快便、さらに汗をかかない不健康なデブが汗をかくようになったのでめっちゃ健康人間になったと勘違いしていた!(これが病気に気付かなかった最大の理由)しかし、病気になるまでの私は、便秘と腹痛下痢を繰り返す基本便秘の定期下痢人間。

そう、かなりお腹を下しやすいただの便秘人間に戻っていたのである!

それからというもの、下痢になりまくる時期と、便秘にくるしむ時期を数か月交代でくりかえしたまにものすごいストレスで有りえないほどの下痢になるというめんどくさい感じになっているのです。今日は2時間の腹痛との格闘の末勝利を手にしましたが、正直しんどい。

ミヤリサンとかいう整腸剤を何度かかってためしては見てるけど、どーにもすっごい下痢になった後にものすごい便秘になって確実に合わない。過去2回ほどためして合わなくて残しておいたものを未練がましく使っているのだけど、やっぱり合わない。というわけで、酵素とやらに手を出そうとしている私!

それでもだめなら素直に病院に行こうと思います……。でも病院いくとお尻にカメラ入れられるっていうじゃん…怖いじゃん…いきなりケツ出せとか言われたら……やっぱこう……あれじゃん……心の準備とか……色々。でももう下痢止めを各種取り揃えたポーチを忘れてないか確認しなくてすむなら行きたい。

ここで下痢止めレビュー。

ストッパ…全然きかない。トローチみたいなもの。やばそうだなって虫の知らせがあった時におまじないで飲む程度。ほんときかない。トローチじゃんこれ。

正露丸…めっちゃ効く。効きすぎて怖い。そのあと恐ろしい便秘が待っている上に、連続使用するときかなくなるので、ここぞという時以外は飲んではいけない。そして使用すると体臭がほのかに正露丸の匂いになるのでここぞという時以外は飲めない。

ビオフェルミン下痢止め…ここ数年のスタメン。7割くらいは腸の土石流をとめてくれる。残りの2割は止まらない土石流なので諦めてトイレを探す。残りの1割は夢とか希望。

ビオフェルミン下痢止めの残機が3以下になると不安で下痢になるくらい、ビオフェルミン下痢止めにはお世話になっています。